テレフォンセックスを最大級に楽しめるサイトはここだ![3D Jatekok]

テレフォンセックスを最大級に楽しめるサイトはここだ![3D Jatekok]

テレフォンセックスのための出会いの場として活躍しました!まずは会話からして交渉していきましょう!

テレフォンセックスの始まり

Woman with Car Trouble on Her Cell Phoneテレフォンセックスって、なんだかご存じですか?
知らない方も、なんとなくこの単語を聞くと想像はつくかもしれませんね。
これは、名前の通り、電話越しでの疑似セックスのことなんです。
もちろん、今は相手の動画を見ながら電話をしたり、チャットを利用したりすることもできます。
画面越しに相手としているような疑似セックスをすることをサイバーセックスなどと言ったりもしますが、あまりメジャーな言葉ではありません。
こういう行為も、ひとまとめにしてテレフォンセックスと呼ばれることが多いようです。
そもそも、テレフォンセックスは、テレクラの流行から広まった文化だと思われます。
最初にテレクラが出来たのは1985年ですから、もう、随分昔のことですね。
これだけ長い間支持されてきたということは、やはり、魅力があるのでしょう。
テレクラは、テレフォンセックスのための出会いの場として活躍しました。
男性がテレクラ店に入店して、そこにかかってきた女性からの電話をとってテレフォンセックスをするのです。
中には、そこから実際に会うと言う話に発展して、疑似ではなく本当の肉体関係を結んだ、なんてこともあったようです。
当時は出会い系サイトがありませんでしたから、こういうところで出会いを見つけていたんですね。
今ではだいぶ数は少なくなりましたが、出会い系サイトと違って実際に相手の女性と電話で話をして交渉できることから、根強い人気があり、なくなることなく続いています。

ツーショットダイヤルの魅力

MP9003829881990年代の出会いといえば、ツーショットダイヤルです。
ツーショットという言葉自体、最近ではあまり聞かなくなりましたね。
ダイヤル式の電話もめっきり見なくなりました。
どういうシステム化というと、ツーショットダイヤル専門のQ2回線というものが用意されていて、そこに電話をすると異性と話ができるというサービスだったんです。
女性は無料で通話できますが、男性は通話料と1分100円程度の利用料がかかりました。
この電話のすごいところは、相手と話をしてみてあわないな、と思ったら、別の相手に切り替えができるという点です。
また、どこからでも電話ができましたから、自宅で気軽に楽しむことが可能だったんです。
当時の男女は、そうやって異性との出会いを見つけていたんですね。
ところが、その時代はあまりながくは続きませんでした。
あまりにも人気が出てしまったために、あまりにも高額な請求が問題になったり、悪徳業者が目を付けたことによるサクラの被害、援助交際の問題などが噴出してしまったんです。
そんなトラブルがあった結果、NTT側がQ2回線のアダルト利用に関しての自主規制を行い、1992年にはツーショットダイヤルは事実上なくなってしまったと言われています。
今ではそれに代わる存在として出会系サイトがありますが、普通の出会い以外の、特殊な性癖を持った人たちにとっては、なかなか出会いが見つけにくい場でもあります。
こういう人たちは、NTT以外の回線を利用したツーショットダイヤルを今も利用して相手を探しています。
普段と違ったセックスに興味がある人や、特殊な好みがある人は利用してみても良いかもしれませんよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ